リゾート好きにオススメ!写真でグアムの雰囲気お伝えします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一番気軽に行けるリゾート感がある場所の一つにグアムがあります。

一番近いのは沖縄なんだけど、海外の雰囲気とリゾートな雰囲気を同時に味わいたい!となったらお手軽な場所としてはやはりグアムですよね。

今日は、そんなグアムの雰囲気を旅行にいった時のたくさんの写真とともにお伝えします。

グアムまでの距離や旅費はどのくらい?

日本からの距離も近く、時差もほぼ無しでとてもお手軽にいけるリゾートです。

グアムまでの距離約2500km
移動時間成田空港からで約3時間50分
時差1時間
旅費3泊4日でだいたい6万〜9万くらいが多そうです
雨季/乾季雨季:6月〜10月、乾季:11月〜5月

※ ホテルなどのオススメは以前まとめた以下を御覧ください。

グアム旅行。ヒルトンホテルを起点に過ごすお得レジャー

成田空港・ラウンジ・機内の雰囲気

関東から飛行機に乗る方は成田空港を利用する方が多いと思います。そんな成田空港の雰囲気をまとめました。

まずは成田空港の外の雰囲気です。成田空港は第一ターミナル〜第三ターミナルまでわかれています

搭乗する航空会社によってターミナルが違うんですが、今回はデルタ航空を利用したのでこちら第一ターミナルとなります。

我々はリムジンバスを利用して空港まで行きましたが、電車を利用して行くこともできます。

成田空港についたらやることは航空会社のチェックインを済ませて、保安検査場(セキュリティチェック)を実施して搭乗時間まで待つという感じです。

ちなみに私はセキュリティチェックで何回か止められて靴下まで脱がされた思い出があるので、最初からベルトやら小物まで全部はずしてゲートをくぐります笑

 

搭乗時間までの待ち時間があったのでお金を払ってラウンジへGOしました(この頃のわが家は何も考えずに浪費していた家族でした)。

こちらラウンジ内から見える雰囲気です。

参考:成田空港ラウンジ

 

ラウンジ内で朝ごはんをいただきました。

ご飯を食べてからはラウンジにおいてある飲み物をいただきながらゆったりと過ごします。

時間が近づいたら搭乗ゲートへ向かいます。

こちらがデルタの搭乗ゲート前の雰囲気です。飛行機に乗り慣れた方は普通でしょうがゲートがあくまでここでしばらく待ちます。搭乗案内も順番があり、ファースクラスやビジネスクラスや航空会社の上級会員が優先搭乗を行い、その後にエコノミーの搭乗となります。

この辺のタイミングがワクワク感が高まっていく時です!

さあ搭乗です!

10:30発の便に載ったので機内食がでました。これがその機内食です。

機内食を食べつつ、映画などをみつつであっという間にグアムに着きます。

機内では雰囲気ももっと写真に取ればよかったんですが寝てしまっていたので取れませんでした笑

あとポイントとしては機内で入国カード?というか税関の申告書を書くので記入内容は旅行出発前にまとめて置くことをオススメします(ホテル名とか住所とか記載するけどスマホ使えないとかなので)

デルタさんの記入例

さあ、次はグアムについてからの雰囲気をまとめていきます。

 

グアムの空港と街の雰囲気

グアムの空港に降り立ってまず思うことそれは。

リゾートきたーーー!っていう事です。

飛行機から降りるとまずリゾート感を気温やにおいというかで感じます。

空港自体はすごい日本人が多いので成田空港とそんな変わらないのでは?って思っちゃうくらいです。

さて、まず入国審査ですが韓国や中国からの便と重なると結構並びます。

そして、自分の番になると担当の方と英語でやりとりが始まるんですが相手も話せないとわかるとなんとなくゼスチャーでやってくれますからご安心を、何日滞在するの?とか聞かれます。

ぶっちゃけ聞き取れなくて「サイトシーン!」ってひたすら言っててもとおったくらいです笑

(でも、担当の方はあー、もうつうじないなこいつ、もういいよ行ってって感じでした笑)

受け答えで参考になりそうなことをまとめていた方のブログも貼っておきますのでご参考まで

入国時のやりとりの参考はこちら (海外旅行もへっちゃら!空港の入国審査・出国時に使える英語表現とテクニック)

 

無事入国をして空港内にでると、タクシーおっちゃんやらツアーの添乗員さんやらで比較的ガヤガヤな雰囲気です。日本人も多いので比較的安心ですが海外なので一応気をつけてください!

ホテルの送迎車にのって移動している時の写真です。すごいスコールがきてなんじゃこりゃーっていう感じでしたが比較的スコールはしばらくするとすぐやみます。

私達が行ったのが11月頭だったのでちょうど雨季から乾季の変わり際ですこーし天気は曇りがちが多かったです。ただしばらくすれば雨は止むのでレジャーは全然問題なかったです。

ヒルトングアムに泊まってみた。ホテル周りの雰囲気。

宿泊はヒルトングアムさんに泊まりました。今回はタシクラブに宿泊。

こちらがタシクラブのメインの吹き抜けロビーの部分の雰囲気。1Fがラウンジで朝食やカクテルタイムで軽食やアルコールが頂けます。

お部屋のベランダからの風景です。リゾートきたなーという感じで素敵でした。

そしてこれが1Fのラウンジです。夕方のカクテルタイムに行った際の雰囲気です。

アルコールは飲み放題、あとは軽食が出てきますので軽く夜ご飯と飲むには十分な感じでした。

カクテルタイム中に始まった椰子の実を割るショー?!ひたすら固いを実を素手で割ってました、面白かったですがなにかこのショーに巻き込まれないか?とヒヤヒヤもしてました笑

そして外の雰囲気としては

こういったプールがあります。ちょっと夕暮れなんでくらいですが雰囲気はリゾートです。

プールそばにあるレストランでのショーの様子、なんか南国に来たんだな―という雰囲気がすごくあります。

こちらはヒルトンでいったスパの室内の様子です、非常に丁寧なマッサージをうけて非常によかったです。

 

ほかにもいくつかヒルトンホテル周りのまとめをしたので詳細は以下をご覧ください。

グアム旅行。ヒルトンホテルを起点に過ごすお得レジャー

プール・海の雰囲気。やっぱりグアム来たら海に行くべし!

やはり、南国リゾートに来たら海!プールを楽しむのが一番です(私は)

どーん!海!リゾート!っていう雰囲気です。

こちらがプールです。アメリカなんでプールが深いです。私176cmあるんですが頭の上まですっぽり入る水深なので泳げない方はご注意を

海です!!!

すごい透き通った海で非常にきれいです。ヒルトン前から海に入れるんですが、シュノーケルなどはバッチリできます。ライフジャケットなどは部屋付でレンタルできるのでぜひとも行ってみてください。

ほんとリゾートライフを満喫って感じの雰囲気になります、そして海の魚がすごくきれいで本当にオススメです。

ヒルトン付近のオススメスポットの雰囲気

ホテルでゆっくりしたら付近のスポットにもお出かけしてみたいですよね。

そんな付近の雰囲気をお届けします。

まずは、ヒルトンホテルにはテニスコートもあるのでここで汗を流すのもありです。

続いてタモンシャトルというバスにのって外に飛び出してみます

タモンシャトルの中からの写真です。外も晴れたていたので最高の雰囲気でした。

シャトルバスでの移動をするとちょっとアメリカ感な雰囲気が味わえます。 

 

ヒルトンは比較的静かな場所にあるのでタモンシャトルで20分くらい移動するとこういうtheアメリカな場所にもいけます。ここはショッピングスポットが多かったりホテルも集まってます

ヒルトンが左側のポイントで、↑の写真は右の方のTガレリア・バイDFSのあたりです。すごい都会です。

続いて↑の地図だとヒルトンの少し右にある公園です。

看板に日本語が。やっぱり日本人観光客が多いんだな―って思います。

グアムグルメ。私が絶対オススメしたい3つ

まずはこちらです。ビーチンシュリンプというエビ専門料理のお店です。

いろんなメニューがあるのですごいオススメです。美味しいし定員さんもすごくフレンドリーで一緒に写真を撮ってくれたりと良いサービスでした。

メニュー記載していた方の記事をまとめておきますね。

ビーチンシュリンプのメニューなどのまとめ記事はこちら

続いては、やはりアメリカに来たのならっていう

ドーン!

やっぱりステーキがオススメです。こちらは↑で書いたDFSの近くにあるハードロックカフェで頂いたステーキでほんと日本とは違ったボリュームで出てくるので是非一度食べてみてほしいです。

店内もアメリカな雰囲気なのでリゾートにいつつアメリカ感を味わうには最適です!

先程と同じ方がまとめた記事記載しておきます。

ハードロックカフェのメニューについてのまとめ記事はこちら

最後は地元の方もいくレストランです。

こちらはヒルトングアムの近くにあったプロアというレストランです。

店内はエアコンが比較的弱いのでちょっと蒸し暑かったですが、この一杯があれば最高でした!

すんごい美味しいです。

これが名物のリブロースです。すごい美味しい!

ハードロックカフェのステーキも肉の味がでてたんですが、こちらは味付けも美味しい!

現地の方も通うってだけはあるなーと思いました。すごい現地の雰囲気が味わえる良いレストランでした。

まとめていた方がいたのでリンク貼っておきますね

プロアについてまとめてある記事はこちら

グアムのお買い物スポット

グアムでのお買い物は大きなショッピングセンターなどがいくつかあり、先程ご紹介したタモンシャトルでいくのがオススメです。今回はマイクロネシアモールとプレミアム・アウトレットの中にあったビタミンワールドというサプリメント専門店の写真を載せています。マイクロネシアモールは巨大なショッピングセンター!っていう雰囲気が伝わるかと思います。

こちらがマイクロネシアモールの中の一部分です。

そして、こちらがプレミアム・アウトレット内にあったビタミンワールドというサプリメント専門店。

アメリカのサプリメントは日本と違って内容量の含有量が違うのでオススメです。ビタミンなども体内で徐々に溶け出すような加工をしているため、飲んだらすぐに大半がオシッコとして出ちゃわないなどの工夫がされているんです。これはアメリカ行って初めて知りました。

日本は医療費を国が負担してくれますがアメリカは全額自費なので、日本よりは未病というか病気にならないための習慣なども多いとか。勉強になりました。

帰国する際の雰囲気まとめ

さあ、海にプールにグルメ、ショッピングと楽しい時間が過ぎ去って帰国の時が訪れます。帰国時の写真をここでまとめていきます。

流れは成田空港と同じで、航空会社にチェックインをして、保安検査場にてセキュリティチェック!

基本は荷物と金属チェックなんですが、なんか気のせいか成田空港よりもチェックあまい??とか思っちゃいましたがたぶん変わらないと思います笑

さあ、空港内に入りました。もう乾季なんで晴れ晴れしてます

こちらが免税店が並ぶエリアです。ここで時間を潰して搭乗を待ちました。

しばらくいるとこういう雰囲気にも慣れてきます。最初は海外!って思ってましたが不思議です。

そして飛行機に乗り込んで成田へ戻ります。

帰ってきました!

やはり日本食が恋しくなるので

こんな感じで日本食を頂いちゃいました。

そして、翌日は

こんな感じです笑

グアムでの食事も美味しかったですが、日本人なんでいつもの味が一番です笑

まとめ

いかがでしたでしょうか??

グアムの雰囲気が少しでもお伝えできていればうれしいです。

他の海外リゾートに比べて比較的に近いことや時差が少ないなどメリットが大きいと思います。

もちろん沖縄でも味わえる事も多いですが、サンゴ礁の上の魚を見るのはグアムの方が良いです。

加えて、アメリカの文化にも触れられるので、近場、リゾート感、海外感、シュノーケルでサンゴ礁ごしの魚、プール、ショッピングなどに関心ある方は是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*