部屋は決まった?新生活を迎える人に教えたい引越し前にやること4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もうすぐ引越しの季節ですね。いま、物件探しに奔走している方も多いのではないでしょうか?

実は、私たち夫婦はどちらも引越し回数10回を越す、引越し好き。

そんなペン子が、引越しを行う前に早めに考えておいた方がいいことをご紹介します。

*引越しの手続きリストなどは、他のサイトにたくさんあるのでそちらをご覧ください。

部屋のレイアウトを決め、梱包の段取りをする

まずは大まかに部屋のレイアウトを考えます。これは、引越し準備の際の梱包をしやすくするため。

引越し先につくと、業者の方に「これどこおきますか?」と必ず聞かれます。その時指示をしやすように段ボールに詰めていきます。

キッチンで1箱。トイレ用品で1箱。お風呂用品で1箱。と場所ごとにしまっていくと引越し先での片付けがとても楽になります。

引っ越してもすぐに使わないシーズンの使わない服や思い出の品などは、段ボールではなく保管できるクリアケースにしまっておき、そのまま押し入れにしまう。

*段ボール収納は、東京ではGさんのえさになりますので、おすすめしません。

 

お金周りを整理する

引越しでバタバタする前に、お金の計画も立てておきましょう。

新しい土地に行けば物価も生活スタイルも変わります。月の予算を立て、銀行口座もどのように振り分けるか決めます。できれば、貯蓄と生活費の口座を分け、使い勝手のいい口座を選びます。

また、自分に合った支払方法も選びましょう。クレジットカードやプリペイードカード、チャージ式の電子マネーなどで支払うと、ポイントがどんどんたまります。

また、生命保険も親が自分の分もかけいる場合が多いですが、補償内容を確認してください。そして、自分に合ったものを検討してみてください。保険は格安のものから、貯蓄性のあるものものまでいろいろな商品があります。自分に合ったものを探すことで、10年後、20年後のお金周りが全然変わってきますよ。

引っ越しが終わる新生活はあっという間に過ぎていきます。今のうちに準備して、ぜひ、最初からお得生活を始めてください。

手続きをリスト化し、順番をシミュレーション

区役所や業者さんにお願いするもの、住所変更するものなど、手続きは多岐にわたります。

この手順はリスト化し、段取りを把握しておきましょう。

手続きを人任せにすると、後々、連絡をしたり、変更するのに手間がかかったりします。また、手続き系は思ったより時間がかかります。

都市部の役所なら、1時間以上待つこともありますので、時間には余裕を持っていきましょう。さらに、いま東京は建替えラッシュ。役所や出張所の受付時間はHPで最新情報をチェックしていきましょう。

手続きリストはググってもらうとたくさん出てきます。参考にしてください。

 

緊急連絡先を登録しておく

万が一の時のために、家族などに知らせる準備をしておきましょう。

ペン子は、宮城県出身なのですが、震災の時、家族と3日間連絡が取れず、眠れない日々を過ごしました。

緊急時は、どのように連絡を取るのか、どこに避難するのか、1度確認すれば終わることなので、ぜひ話し合ってみてください。

それと、これを機に最低限でいいので、避難用具も準備できると安心だと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は についてご紹介しました。

新生活が始まったら会社や学校のことで頭がいっぱいになるでしょう。

その前の時間があるときに、自分の新しい生活についてしっかりと考えてみてください。きっと有意義な新生活になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. みにー より:

    はじめまして、ブログランキングから来ました。確かに、引越し前に手順を確認すると、当日戸惑うことがなくて良いですね!ありがとうございます

コメントを残す

*