効果抜群!食費がグンと下がったわが家の買い物ルール(食費編①)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。ペン子です。

12月に入ると、冬のボーナスが入って、年末に向けたセールが始まり、お財布のひもが緩くなってしまいがちですよね。今回は、我が家の「買い物ルール」をご紹介します。

わが家は、この方法で食費(外食費を含む)約5万円、減らしました!

食費の中から今回は特に食材費(お酒、お米は除く)の買い物ルールをお伝えします。

まずは基本、買い物予算をつくる

わが家の食材費の予算は、1か月20,000円設定しています。

予算をつくる際は、1ヶ月の予定を確認し、設定するようにしています。

なので基本は20,000円ですが、変動することもあります。

予算をつくると、中間目標やイベントに対する対策も立てやすくなります。

 

自分の消費行動を確認する

自分たちの消費行動は常に把握するようにしています。

ここで大切なのは、旦那さまと一緒に消費行動を確認するということ。

情報を共有することが大切だと感じています。

家計簿アプリを使って、

どんな場所で、どんなタイミングで、

お金を使うのかを確認します。

そして、どこを改善すればもっと節約できるか、週に1回お話をします。

 

わが家は、

コンビニ買い、ネット買いを多くしており、

身心共に疲れがたまっていくと、外食、旅行等にお金をかけていることが判明してます。

自己分析すると、自分たちにあった改善策がみえてきます。

 

買い物前の献立作り

1週間の献立と買い物リストをあらかじめ作り、買い物します。

細かくすべての献立を立てるのではなく、

1週間分のざっくりとした主食と副菜の作り置き分(3品くらい)の献立と買い物リスト作っています。

 

1,000円のお買い物分のお小遣いを設定している

ペン子家は、週1回のまとめ買いが基本なのですが、

スーパーに行くと、特売品があったり、お菓子があったり。。。

目移りして、買い物リスト以外のものを買ってしまい、

あとで後悔したり。。。

 

逆に、節約中だからと我慢をすると、

やっぱり買っておけばよかったと後悔したり。。。

 

節約自体が続かなくなってしました。

 

なので、買い物リストにない食品を買うためのお小遣い1,000円と決めて、

この1,000円も含めて予算を立てます。

ペン子は、この方法でストレスなく買い物の日を楽しみながら

節約することにしています。

 

買い物は週1回のまとめ買いと水曜日のフォロー買い

買い物の周期は、

土日のまとめ買いと

水曜日の足りない食費を買い足すフォロー買いを基本にしています。

その他の日は、無買い物デーにしています。

これで、献立を迷いながらスーパーに入り、なんとなく買うということがなくなりました。

 

まとめ

完ぺきにできないときもありますが、基本はこのルールに沿って食材を買います。

 

すると・・・

 

計画にないコンビニ買いが減った!

送料が高いネット買いも減った!

節約しなきゃいけないというストレスも減った!

お金のこと、家事のことについての旦那さまとの会話が増えた!

旦那さまが家事を積極的にやってくれるようになった!

 

といいことづくめ~

本当に生活が変わりました。

 

次回は、このルールに沿った月間のスケジュールをご紹介します!

それでは~今日はこの辺で(^^)

次の記事はこちら!

効果抜群!食費がグンと下がったわが家の買い物ルール(食費編②)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

    コメントを残す

    *